VOL.04
HOKKAIDO
ーThe Second Halfー

今回の「Travel」特集は、雄大な景色が広がる国内屈指の観光スポット、北海道。後編は、札幌からのアクセスが良く、運河沿いの町並みが美しい小樽をフィーチャー。小樽のおすすめスポットに加え、旅に最適な着こなし&宿泊施設をご紹介します。

spot01

KITAICHI GRASS OTARU
/ 北一硝子三号館 北一ホール
明治期に作られた石作りの建物が印象的な北一硝子。館内の喫茶「三号館 北一ホール」は、167個の石油ランプの灯りだけで営業しています。毎朝8時45分に灯火されるランプの様子は見学必見。ランプの幻想的な空間とロマンチックな雰囲気に浸りながら、小樽のおいしいコーヒーと食事で旅のひと時を楽しんでみては。

DATA

ADDRESS 北海道小樽市堺町7-26 北一硝子三号館
TEL 0134-33-1993
OPEN 8時45分~18時(オーダーストップ17時30分) ※催事、季節により変動あり
URL http://www.kitaichiglass.co.jp/

spot02

KAMABOKOPLAZA KAMAEI
/ かま栄 かまぼこプラザ
創業から100年以上が建つ老舗「かま栄」。かま栄本社工場に直売所や物産展が集結した「かまぼこプラザ」は、まさにかまぼこのすべてがわかるテーマパーク。スナック感覚で食べられる小樽名物「パンロール」は直売所のみで販売しているので、できたての「サクッ!」とした食感をその場で味わうことができます。

DATA

ADDRESS 北海道小樽市堺町3-7
TEL 0134-25-5802
OPEN 9:00~19:00 定休日:1月1日
URL http://www.kamaei.co.jp/

spot03

OTARU DENUKI KOJI
/ 小樽 出抜小路
美味しいお店が軒並み並ぶ屋台村「小樽 出抜小路」。北の商都・小樽の古き良き時代のにぎわいを感じながら、北海道の厳選素材を使ったこだわりの逸品料理が楽しめます。海鮮丼やジンギスカン、北海道スウィーツ、余市ウィスキーなど、小樽市民の憩いの場で、美味しい食事とお酒に酔いしれてみてはいかかでしょう。

DATA

ADDRESS 北海道小樽市色内1丁目1-17
TEL 0134-24-1483
OPEN 店舗ごとに異なります
URL http://www.otaru-denuki.com/

Men's

今回は北海道のゆったりした時間の中で、カジュアルに食事を楽しむためのスタイルご提案。男女ともに、上品な印象を漂わせつつ、動きやすさを重視したアイテムでコーディネートしました。メンズは固すぎない軽めのジャケットで、ジェントルメンな印象に。レディースは、繊細なブラウスとカーディガンを合わせ上品な着こなしに。

Men's

上品でこなれた印象の着こなし

カジュアルとはいえ、ラフすぎる着こなしはNG! そんな時におすすめしたいのが2つボタンのテーラードジャケット。インナーには、ニットのベストとテンセル混の上品なシャツを合わせました。こなれ感のあるコーディネートで大切な人をエスコートしてみては!

デニム調ウールジャケット
価格:26,000円+tax

ONLINE
SHOP

6ゲージカモフラベスト
価格:9,000円+tax

ONLINE
SHOP

綿テンセルオックスビッグチェックシャツ
価格:9,000円+tax

ONLINE
SHOP

Stay in the inn −周辺のオススメ宿−

小樽の宿

ホテルノルド小樽

大正ロマンを想わせる大理石造りのヨーロッパ調ホテル。正面玄関には「小樽運河」をデザインした大型ステンドグラスがあしらわれています。

ホテルノイシュロス小樽

大自然に囲まれた、全室オーシャンビューの露天風呂付きリゾートホテル。海に面したレストランでは、小樽の海の幸や近隣の山の幸を使った創作フレンチを味わえます。

運河の宿 小樽ふる川

北前船が来航した江戸から明治にかけての商家を再現した「運河前の温泉宿」。昔ながらの蔵を再現した大浴場「湯くら」では、良質な天然温泉と露天風呂が楽しめます。

        

シェアする

ツイートする