VOL.20
HAKODATE
ーThe Secound Halfー

函館後編はまだまだ知られていないおすすめスポットをご紹介。函館は五稜郭跡地や元町の教会群、温泉などの自然資源が豊富な開港都市でもあります。紅葉が美しくなるこの季節は美しい夜景はもちろん、自然を満喫したりグルメを楽しんだりと思い思いの函館旅行を堪能してください。

spot01

Park Goryokaku
/ 五稜郭公園
星型の塀に囲まれた五稜郭公園には、平成22年に復元された箱館奉行所があるほか、土塁や石垣を間近で見ることができたりと歴史を感じられる公園です。春には堀の星型に沿うように咲く桜がとても美しく、この時期はお花見客で大変賑わいます。また、秋の紅葉や、冬に開催される堀をイルミネーションで飾るイベント「五稜星の夢」など四季折々の美しさが楽しめます。

DATA

ADDRESS 北海道函館市五稜郭町44
TEL 0138-40-3605(函館市住宅都市施設公社 花と緑の課)
OPEN 5:00〜19:00(11〜3月は〜18:00)
※郭内入場
URL http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/

spot02

OLD PUBLIC HALL OF HAKODATE WARD
/ 大門横丁 函館 ひかりの屋台
函館駅前広場の再設備など、町の再生に向けた動きをさらに強めるため、商店街の有志の協力のもとに誕生した屋台村です。元々この辺りは函館随一の色町「大森遊郭」として栄えており、入口にそびえていた巨大な門が「大門」という地名の由来なんだとか。函館の豊富な食材を活かした多彩な料理を、町の賑わいを感じられる屋台村でぜひ味わってみてください。

DATA

ADDRESS 北海道函館市松風町7
TEL 0138-24-0033
OPEN 店により異なる
URL http://www.hakodate-yatai.com/

spot03

Hachiman Slope
/ 八幡坂
坂の多い町として知られている函館。特に有名なのが「八幡坂・基坂」です。写真の八幡坂は、CMや映画でも使用されたことがあり見たことがあるという人もきっと多いはず。まっすぐ続く坂道の先に海が広がる絶景で、人気の写真撮影スポットになっています。毎年冬には八幡坂、基坂をはじめとする坂道などで「はこだてイルミネーション」が開催されているのでぜひ訪れてみて。

DATA

ADDRESS 北海道函館市末広町
TEL 0138-27-3333(函館市元町観光案内所)
OPEN 通年
URL http://www.hakobura.jp/

Men's

五稜郭跡や赤レンガ倉庫群、旧外国公館などの歴史的観光資源をはじめ、函館山、温泉などの自然資源、さらには美しい夜景や教会、寺院など和洋折衷の建物などが数多く残る函館。今回は、そんな様々な顔を持つ函館を回るにふさわしいカジュアルシックな装いをご紹介します。ラフなデニムパンツにジャケットやコートを合わせたオリジナリティ溢れるコーデは必見です。

Men's

同素材の重ね着で個性を発揮

ウール特有の重厚感とざっくりとした素朴な味わいを持つ素材で、カジュアルなのにエレガントな表情が楽しめるジャケットスタイルです。ポイントは、ウールジャケットに同素材のベストを重ねた斬新なアレンジ。デニムやヘンリーネックニットでハズして軽さを出したのも◎。

ウール混ツイードジャケット
価格:23,000円+tax
ウール混ツイードベスト
価格:13,000円+tax

ONLINE
SHOP

12Gリブヘンリーネック
価格:8,900円+tax
テンセルデニム
価格:8,900円+tax

ONLINE
SHOP

Stay in the inn −周辺のオススメ宿−

函館の宿

函館国際ホテル

夜景眺望がきれいな函館国際ホテル。和洋中と揃ったレストランでは、函館の郷土料理や海の幸、和牛の鉄板焼きが楽しめます。「おいしい朝食2016」で4位に選ばれた朝食も好評です。

ホテル函館ロイヤル

ホテル函館ロイヤルは函館市の中心に位置し、観光に最適な立地のシティホテルです。地元のグルメに定評のある季節料理のおもてなしをぜひ堪能してみては。

函館グランドホテル


赤レンガ倉庫街などが立ち並ぶ元町・西部地区に位置する函館グランドホテル。利便性良好で観光に最適です。朝食では毎日和洋約50品の豊富なメニューが並ぶのも魅力です。

函館のお宿をまとめて検索

        

シェアする

ツイートする