VOL.36
NARA
ーThe Second Halfー

前回に引き続き、奈良県・生駒郡の斑鳩(いかるが)エリアをピックアップ。歴史的建造物、お寺を見て廻った後は、昔ながらの風景や探究心をくすぐる古墳や研究施設へ足を向けてみてはいかがでしょう。ランチは、斑鳩名物の竜田揚げに舌鼓...というのも、このエリアならではの楽しみ方です。

spot01

Ikaruga Bunkazai Center
/ 斑鳩文化財センター
貴重な文化財の展示や斑鳩町の文化財の調査・研究及び情報発信の拠点施設。展示室では、国史跡藤ノ木古墳より出土した代表的な副葬品のレプリカを常設展示しており、映像ホールでは斑鳩の歴史と文化について学ぶことができます。10月〜11月は、斑鳩町制70周年記念事業秋季特別展や史跡藤ノ木古墳石室特別公開もあるので、古代史や古墳好きの人におすすめのスポットです。

DATA

ADDRESS 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西1-11-4
TEL 0745-70-1200
OPEN 09:00〜17:00
料金 無料 ※特別展の開催期間中は有料の場合有
休館日 水曜日と年末年始(12月28日〜1月4日)
URLhttp://www.town.ikaruga.nara.jp

spot02

Fujinoki Kofun
/ 藤ノ木古墳
法隆寺から西方へ徒歩10〜15分にある直径50m以上、高さ約9mの円墳。未盗掘の石棺からは多数の副葬品が出土し、六世紀後半に造営されたと考えられています。また、法隆寺に残る記録には、「陵山」「ミササキ」と記されており、崇峻天皇陵と記すものもあるそうです。秋になると古墳の周辺ではコスモスの花が咲き、グリーンとピンクの美しい景色が楽しめるのも魅力です。

DATA

ADDRESS 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西2-1795
TEL 0745-70-1200
料金 無料

spot03

ikarucoki
/ まほろばステーション イカルコキー
法隆寺東大門から約50mの場所にある、奈良・斑鳩の土産物ショップやカフェ雑貨店などが併設された複合店舗。店名のikarucokiは、斑鳩の地名由来になった鳥、鵤(イカル)の鳴き声を文字で表したもの。ここでしか手に入らないオリジナルアイテムやお土産をチェックした後は、『cafeこもど』の三種竜田揚げランチ※を満喫してみてはいかがでしょう。※ランチタイム11:00〜14:00

DATA

ADDRESS 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺2-1-25
TEL 0745-44-9380
OPEN 10:30〜16:30(cafeこもど、期間限定ショップは10:00~17:00)
CLOSE 木曜日(祝日営業)
URL http://ikaruga-m.com/ikarucoki/

Men's

世界遺産として有名な法隆寺が在る斑鳩エリアは、寺社の他に、昔ながらの風景が色濃く残るスポットも多数あり、ゆっくりとした時間の中で過ごすのにぴったりです。今回は、リラックス・ムードにも、美しい自然の景色にも合う、夏〜秋の旅服コーディネイトをご紹介! トレンドカラーやシャツ系アイテムを取り入れた大人スタイルの参考に。

Men's

トレンドカラーで作る
今旬の男性ファッション

羽織るだけで旬の表情になるカーキのブルゾンは、色やデザインで男性らしさを主張しつつ、日本独自の特殊加工技術が織りなす抜群のストレッチ素材で着心地もキープ。また、一枚でも様になるTシャツに、ブラックまたはデニムのボトムを組み合わせることでフレッシュな印象のコーディネートが作れます。

ブルゾン
価格:15,000円+tax

ONLINE
SHOP

ボーダーTシャツ
価格:4,800円+tax

ONLINE
SHOP

ブラックパンツ
価格:8,900円+tax

Stay in the inn −周辺のオススメ宿−

奈良の宿

コンフォートホテル奈良

JR奈良駅東口より徒歩約3分の好立地。好評の無料朝食サービス、ウエルカムコーヒーサービス、快眠を追及したオリジナル枕「チョイスピロー」、高速インターネット接続サービスなど、充実したサービスで快適にお過ごし頂けるホテルです。

ホテル日航奈良

JR奈良駅西口直結の抜群のロケーション。新しい奈良を象徴する近代的シティホテルとして、総客室数330室・1000㎡の大宴会場、男女別大浴場、カラオケルーム等の施設が充実。

奈良パークホテル


平城宮跡朱雀門の西方、阪奈道路沿いの丘陵地にあり、露天風呂のある天然湧出の「宝来温泉」でゆったりと寛いでいただける宿です。夏季には、プールも楽しむことができます。

奈良エリアのお宿をまとめて検索

        

シェアする

ツイートする